五月晴れのプチ撮影会・・・③
2017 / 05 / 13 ( Sat )
南禅寺の後は新緑の哲学の道を北へ
最終目的地の「法然院」までの道はいつもながらさわやかです
この哲学の道も今年で2度目の登場(前は雪景色)です




DC_0689.jpg

法然院の萱葺き屋根

DC_0690.jpg



DC_0691.jpg
このような影絵のような雰囲気を撮りたくてここまできましたが
思うようには撮れませんでした



DC_0687.jpg
白砂壇(びゃくさだん)といって水を表しこの横を通ることで
心身を浄める意味があるらしいです
季節によってこの盛り砂の模様が変わります
紅葉の時季はもちろん「もみじ」です


DC_0692.jpg



DC_0693.jpg
緑に映える哲学の道



DC_0694.jpg
散りもみじがきれいな安楽寺の山門
お二人の写友さんと散策です。。。



11 : 59 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top
五月晴れのプチ撮影会・・・②
2017 / 05 / 11 ( Thu )
華やかなつつじの後は
青葉のきれいな南禅寺へとやってきました

おなじみの南禅寺の姿です
定番の構図ばかりですが・・・
青もみじはまた雰囲気が違っていいです




DC_0680.jpg
青もみじが映える三門


DC_0681.jpg


歴史を感じさせる三門の柱


DC_0682.jpg




DC_0683.jpg
法堂の前の影が・・・



DC_0684.jpg
めずらしく人っ子一人見えない境内



DC_0685.jpg
いつもの水路閣




DC_0686.jpg
永観堂の門



DC_0192.jpg
数ヶ月前の永観堂の門


16 : 47 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
五月晴れのプチ撮影会
2017 / 05 / 09 ( Tue )
今年初めからとっても楽しみにしていた
写友さんとの一泊二日のプチ撮影会
ゴールデンウイークの最後の日(7・8日)に行ってきました
今回は京都にお迎えしての撮影会です
心配していたお天気もなんとこの2日間だけが晴天

2日間の私たちのコースです
この時季にしか見られない「蹴上のつつじ」
そして南禅寺~哲学の道~安楽寺の前を通り法然院へと・・・
2日目は友が行ったことがないということで伏見のお稲荷さんへ

まずゴールデウイークの5/3~5/7の5日間しか入れない
蹴上の浄水場のおみごとなつつじです
この蹴上の浄水場は日本最初の急速ろ過式浄水場だそうです
十数年ぶりに訪れた蹴上のつつじ
4600本が咲きほこるつつじはとっても美しく壮観でした





DC_0669.jpg



DC_0670.jpg



DC_0671.jpg



DC_0672.jpg



DC_0673.jpg



DC_0674.jpg



DC_0675.jpg
この日は黄砂がひどくってかすんでいます。


DC_0676.jpg



DC_0678.jpg



DC_0679.jpg



11 : 19 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
青もみじの毘沙門堂
2017 / 05 / 06 ( Sat )
山科にある
ご本尊に京都七福神の一つ、毘沙門天を祀ることから
「毘沙門堂」と呼ばれています
ここは紅葉で有名なところで
参道の散りもみじは最高です
(まだきれいな時はみてないんですが)

青もみじの一番はこの「毘沙門堂」から・・・





DC_0660.jpg



DC_0661.jpg



DC_0662.jpg



DC_0664.jpg



DC_0663.jpg



DC_0665.jpg
この参道の散紅葉がとってもきれいなんです~


DC_0666.jpg

爽やかな青もみじ

DC_0667.jpg



DC_0668.jpg


17 : 15 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
京都植物園から・・・④
2017 / 05 / 05 ( Fri )
植物園での被写体はきりがありません
今回はこの辺で
またネタがなくなったらおじゃますることにして・・・
最後は「しゃくなげ」と「チューリップ」



しゃくなげ
DC_0653.jpg



DC_0654.jpg




チューリップ
DC_0655.jpg



DC_0656.jpg



DC_0657.jpg



DC_0658.jpg



DC_0659.jpg



20 : 25 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>