冬枯れの庭
2017 / 02 / 23 ( Thu )
祇王寺から徒歩で5,6分のところにある
紅葉の庭園でしられてる「宝筐院」

「嵯峨野にある臨済宗の寺院で
室町幕府2代将軍・足利義詮と南朝の忠臣・楠木正行の菩提寺」だそうです

予定にはなかったのですが前を通ったので入ることにしました~
真冬の庭園には誰もいません
枯れた木々が一層静けさを増し、さみしいひとり占めでした




DC_0218.jpg



DC_0219.jpg



DC_0220.jpg



DC_0221.jpg



DC_0222.jpg
冬枯れのお庭にもはや春がきています~


DC_0223.jpg



DC_0224.jpg



DC_0225.jpg



DC_0226.jpg
帰るときにやっと人が・・・




34.jpg

晩秋の見事な紅葉です(お借りしてきました)

スポンサーサイト
11 : 48 : 15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
冬の祇王寺
2017 / 02 / 21 ( Tue )

京都の奥嵯峨
竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵・・・祇王寺
白拍子の祇王が清盛の心変わにより都を追われるように去り
母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られてる祇王寺
あまり広くない苔の庭
冬枯れの小枝に淡雪がかかれば美しいだろうな~と

残念ながらこの日は想像だけで終わりました




DC_0209.jpg



DC_0210.jpg



DC_0211.jpg



DC_0212.jpg



DC_0213.jpg



DC_0214.jpg



DC_0215.jpg



DC_0216.jpg




おまけ(一昨年前の青もみじの苔庭)

DC_0217.jpg



14 : 53 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
都大路を走る市民ランナー
2017 / 02 / 19 ( Sun )
今日19日は京都市民マラソンの日です
好天に恵まれて約17000人の市民が都大路を
素晴らしい笑顔とカタフルな衣装で駆け抜けていきました

その様子をここ「仁和寺」まえで僧侶と一緒に応援してきました
十数人の僧が一斉にメガホンで応援です
とても見ごたえのある応援風景です
ランナーさんたちも迫力ある応援に手を振って駆け抜けていきました
京都ならではのこの光景を撮ってきました




DC_0199.jpg



DC_0202.jpg



DC_0204.jpg



DC_0200.jpg



DC_0201.jpg



DC_0208.jpg
旗を振る僧侶



DC_0205.jpg



DC_0207.jpg
面白い応援旗を・・・


DC_0206.jpg

竜安寺の方向に向かって「きぬがけの道」を一斉に駆け抜けます

P1010893.jpg


余談ですが
ノーベル賞受賞の山中教授も毎年参加されてて、
今年は3時間27分の大記録で完走されたそうです

16 : 35 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
雪のあと・・・
2017 / 02 / 17 ( Fri )



DC_0189.jpg


雪が舞った後の南禅寺の三門は
私の目にはとってもきれいに映りました


DC_0190.jpg




DC_0191.jpg





DC_0192.jpg


紅葉の頃には賑わってる「永観堂」
冬はひっそりと訪れる人もほとんどいなくって・・・
でもこれはこれでいいものです


DC_0193.jpg



11 : 25 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top
粉雪舞う道
2017 / 02 / 14 ( Tue )
先週(10日)冬の哲学の道を撮りに
南禅寺から永観堂を通り「哲学の道」へと散策です
嬉しいことに雪がちらちら・・・絶好の光景にニヤニヤです
こんな日でも行き交うひともありで、私を含めてもの好きなひと?がチラホラ

お陽さまが出たり急に雪が舞ったりで
とてもへんてこりんな数時間でした
撮影には変化があってとっても面白かったです

この日は哲学の道を往復(13200歩)してきました
Gさんお約束をしてきましたよ
こんな画でいいですか~~~~~~




DC_0164.jpg




DC_0165.jpg




DC_0166.jpg




DC_0167.jpg



DC_0169.jpg



DC_0170.jpg



DC_0168.jpg




DC_0172.jpg




DC_0171.jpg


「哲学の道」
銀閣寺橋から若王子橋までの疏水沿道で、約2km続く散策路。
哲学者の西田幾多郎らが好んだことから、「思索の小径」と呼ばれていたのが
いつしか「哲学の道」と呼ばれるようになったそうです
また、日本の道100選のひとつだそうです

09 : 55 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(24) | page top
| ホーム | 次のページ>>